FC2ブログ
本ブログ記事には騙し・飛ばしはありませんので(多分)ご安心してお読みください。あぁーんてなは上手く画像でまとめてくれてます...φ(・ω・` )

 
Still0206_00438s.jpg

俺の自宅で当時付き合っていた彼女の由紀と宅飲みしてた。

カノジョにカクテルをハイペースで飲ませ潰れた由紀が完全に寝た事を確かめると、男友達のA、B、Cに電話をしました。

彼女なのになぜって?
レ●プ、輪姦、寝取られ、そんな願望が有ったからですかね。
過去にも、指入れてみて掻き回したり突き上げたり、おっぱいを揉みしだいたりしても起きなかったので、大人しくやれば、たとえ輪姦しても起きないだろうという安心感は有りました。

まずは全裸にして、じっくりと体を堪能しました。
いつも見慣れた彼女の裸体ですが、これから友人達が自分の彼女とHすると思うと、いつもよりエロくみえてきました。

そして、じっくり膣を馴らしたところで、指を二本にして挿入していたら、友人Aが到着。
早速Aが胸、俺は下を担当、BとCもすぐに来たので、いよいよ開通式に。

ニュルッと挿入してみると、入口が固い感じですが、いつものように濡れまんこの彼女。
腰を打ち付けないように前後にゆっくり動かして一発目は終了。



他の連中にも、バレたら終わりなので腰は打ち付けないようにさせました。
Cは2週間も溜めてたそうで、お前の精子が入ってて気持ち悪いといいながら、自分も大量に出してました。

Aはバイブを持ってきましたが、朝方に膣のヒリヒリ感が残ると困るので、やはり優しく犯す事を最優先に、静かに静かに何発も打ち込みました。

途中、友人Bが勝手に呼んだDも参加し、さすがにそれは怒ったけどいまさらやめる訳にもいかず、俺は三発出した後は監視役に回りました。

途中、Cにバックを取られ、興奮はしたけど、性欲を吐き出した後で罪悪感だけが募り、結局Cの六発を入れて、由紀は一晩で二十回位精子を受け入れました。

徹底して、早いピストンと腰打ち付け禁止、膣内の掃除をしたおかげか、翌朝由紀は何事もなかったかのように起きて、バレずにすみました。

友人達に彼女をNTRて、自分も一緒に一人の女の子をまわしてHするというシチュエーションに脳汁でまくってしまいました。

ちなみにこの後生理も来て、二回目以降はゴムもつけましたが、由紀が嫌がった時に無理矢理やってしまい、別れる事になってしまいました。

まわした事は後悔もしたけど、結局別れたし、今となっては良い思い出です。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply