FC2ブログ

    【NTR体験談】妻が昔HなDVDを撮られていた・・・

    NTR

    私は29歳の若輩者です。の由里子は5歳年上の姉さん女房です。
    入社した会社の最初の所属先に主任としていたのが由里子でした。
    その当時は由里子に彼氏がいましたが、
    結婚して家庭に入ってもらいたい彼氏と
    仕事を続けたい由里子の意見が合わず別れてしまいました。
    そんな時、2人で残業した帰りに飲みに行き、
    彼氏と別れたショックで悪酔いした由里子をマンションに送った夜に結ばれました。

    憧れていた女性なので夢中で由里子のカラダに舌を這わせました。
    そして結婚となり、2年が過ぎ34歳の由里子は課長に昇進していました。
    タイトミニのスーツに身を包みブラウンに染めたセミロングの髪の毛をなびかせ、
    クリッとした瞳で社内を歩いている由里子はとてもセクシーでした。

    それだけに社内でも人気があり、昔から同僚や上役からお酒に誘われていました。
    下心ミエミエの男達を上手くかわしながら現在に至っております。
    そして今年の5月に由里子の仕事にトラブルがありました。

    由里子の部下が正式契約を取引先と交わす前に注文を発注してしまいました。
    大きな損失を回避する為、由里子は連日取引先の社長と折衝を重ねてきましたが進展しない様子でした。
    23字時頃、帰宅した由里子は疲れていました。

    「やっぱりダメだった?」
    「うん・・でも・・」
    「でも・・なに?」
    「向こうの社長が金曜日の夜にデートしてくれたら前向きに考え直すと・・」
    「デート・・??食事とお酒と・・それ以上も求めてくるぞ!!」
    「多分・・男の人だから・・そういう気持ちも・・少しはあると思う・・」
    「由里子さん・・行くのか・・・?」
    「デートじゃなくて接待と考えてるわ・・」
    「もしカラダを求めてきたら・・どうするんだ!?」
    「そんな事絶対しない!!誠意を示して交渉を成功させるわ・・」

    金曜日の朝、由里子は私に
    「変なことは絶対しないから・・私を信用してね・・」と言いキスをしてきました。
    惚れてる弱みで私は止める事が出来ませんでした。
    その日はとても長い1日となりました。
    夜の12時を過ぎても由里子は帰って来ませんでした。
    私の頭の中は、社長に口説かれる由里子を想像していました。
    2時を過ぎても帰ってきません。
    由里子がヤラれてるのか・・??
    絶対あって欲しくないのにハダカにされた由里子を想像して勃起をしてしまいました・・

    午前4時過ぎにマンションの前にタクシーが止まる音がしたので、
    慌てて集合玄関に降りていきました。
    由里子を信じる気持ちと疑う気持ちで迎えました。

    「修ちゃん(私)・・」
    由里子はびっくりした表情を浮かべた後、私に抱きついてきました。
    「何にもなかったからね・・大丈夫だから・・」
    私は、直ぐにでも由里子をハダカにして男の跡がないか調べたい気持ちでした。
    「交渉はうまくいったの・・?」
    「うん・・なんとか・・」
    成功した??・・ということは由里子はカラダを・・??
    「夜の8時からレストランで食事をして・・
    10時過ぎに直ぐそばのホテルのラウンジでお酒を飲んでたの・・」
    5時間も・・??
    「口説かれたろ・・?」
    「うん・・ルームキーを見せられたけど・・部屋には行かなかったわ・・
    私が独身だったらお受けしたかも知れませんが、結婚しているので無理です・・と・・」
    「それで納得したのか・・??」
    「粘り勝ちと言うか・・とにかく丸く納まったわ・・本当に心配かけてごめんね・・」

    由里子はシャワーを浴びに行きました。
    私はこっそり脱衣室に忍び込み洗濯機の中から、たった今、
    由里子が脱いだと思われるパンストに絡まったパンティを手に取りました。
    由里子が20時間はいていたフェロモンムンムンのパンストとパンティです。
    会社の由里子ファンに高く売れるだろうな・・などと思いながらも直ぐ我に返りました。

    パンティの内側のクロッチ部分にセックスの形跡があるか確認したかったのですが・・
    真実を知るのが怖くて出来ませんでした・・
    由里子と一緒だった男はこのパンティを見たのか・・??
    パンティを脱がし俺だけのアソコを見たのか・・??
    そんな風に思うと悔しさと今まで経験したことのない興奮状態でした。

    由里子は簡単にカラダを許す女じゃない!自分にそう言い聞かせました。
    それから2週間ほど・・夢の中や通勤時間に頭の中で、
    由里子があの社長とセックスしているシーンばっかりでした。
    スケべ社長が由里子の84センチのおっぱいをもみほぐし、
    ピンクの乳首を口に含んで舌で転がし、パンティも脱がされたっぷりとクンニを楽しみ、
    ドス黒いポコチンが由里子のアソコの中に深く侵入して・・喘ぎ声を出す由里子・・

    絶対に許せない行為なんですが興奮しているという事は・・
    心の何処かにそういう事があったと望んでる部分があるのか・・??

    そんなある日の夜、
    「修ちゃん・・最近少し変よ・・物思いに耽ったり・・私の会話も耳に入っていないみたいだし・・・」
    「そ・・そんなことないよ・・」
    「ひょっとして・・・あの日のことが気になってるの?」
    私は確信をつかれドキッとしました。

    「やっぱり・・そうよね・・男の人と午前3時まで一緒にいて・・
    何もないと言う方が無理があるわよね・・でも本当なの!!私を信用して!!」
    「信用してるよ!!当たり前だろ!!でも・・
    由里子さんとあの社長がエッチをしているシーンが勝手に頭に浮かんでくるんだよ・・お願いだ!!
    例え・・なにがあっても由里子さんを嫌いにならないし・・
    愛し続ける・・だから包み隠さずあった事を全て言ってくれ!!」
    「自分の奥さんが深夜の3時まで男の人と一緒だったら・・心配だし・・イヤだよね・・ごめんね・・」

    由里子は私を抱きしめ
    「本当は・・ホテルで社長が用意した部屋に入ったの・・」
    私は絶望と興奮が入り混じった状態で由里子の話に耳を傾けました・・
    「あの日・・午前1時近くまで社長とラウンジで飲んでいたの・・
    ラウンジが閉店になるので社長が取った部屋でルームサービスでワインを頼んで飲もうと・・」
    由里子は言葉を選ぶように話していきました。

    「部屋に入るのは、とても危険と思ったけど・・仕事の話が終わってないので・・」
    「それで部屋に入ったの?ホテルの部屋に誘われて入るという事はエッチ覚悟と言うことだよ・・・」
    「そんな事ない!・・社長には仕事の話をする為に入りますけど・・
    もし変な事してきたら大声を上げて助けを呼びます。と言ったの・・」

    「それで・・口説かれなかったの?」
    「う・・うん・・少しだけ・・」
    「少しだけって・・どれ位なの??」
    「修ちゃん・・本当に怒らない?私を嫌いにならない?」
    「約束しただろう!由里子さん・・」
    「うん・・ソファーで私のとなりに座って来て肩に腕を回したり・・
    髪の毛を触ったり・・脚を触り始めて・・これ位我慢と思ったけど・・
    脚から手が離れないから・・やめて下さいと言おうとしたら・・」
    「どうしたんだ!??」
    私の股間は破裂しそうでした。

    「いきなり・・キスをされて・・」
    由里子の唇がスケベ社長に奪われた!!ショックと興奮でポコチンの先っちょが濡れて来ました。
    「今夜・・1度だけ抱かせてくれたら・・契約書にサインすると言われて・・」
    「それでエッチをしたの?」
    「一瞬・・会社でのキャリアと修ちゃんを天秤にかけてしまったの・・
    修ちゃんにバレなければ1度だけならと・・思ってしまったの・・
    社長の手がスカートの中に入ってきてストッキング越しの下着に触れた時、
    我に返ったの・・!こんな事しちゃいけないと・・慌てて社長から離れて部屋から出ようとした時、
    社長が根負けしたのか・・サインしてくれたの・・」
    「本当にそれだけ??」
    「本当よ・・最後の一線を越えてないので浮気をしてないと自分に言い聞かせてたけどキスをされて・・
    スカートの中に手が入ってくるのを許してしまったんだから・・浮気と一緒よね・・ごめんなさい・・」

    私は90パーセント由里子を信じましたがやはり10パーセントの疑惑は晴れませんでした。
    私が逆に女と浮気しても決定的な証拠が見つけられるまでウソをつき通すからです。
    真実は当事者にしか分かりませんので、由里子を信じることにしました。
    それからの由里子とのセックスはより激しいものとなりました。
    由里子のカラダがあと一歩で奪われていた!!ひょっとしたら奪われてるのかも知れない!!
    と思うと異常に興奮してしまいました。

    そして6月になりました。
    会社で組織改革が行われました。
    首都圏営業部から新設された東日本営業本部に由里子が課長職で移動となりました。
    顧客や取引先への営業職から北海道から関東までの東日本15営業店の営業管理、
    現地調査、営業支援などが主な仕事です。
    はっきり言って、出世です。

    出世競争に遅れをとった由里子の先輩男性社員は由里子の事を色気で成績を上げた・・
    などと陰口を言っていましたが、営利企業で会社により多くの利益を落した者が偉いと評価される訳ですから、
    由里子の出世は当然の流れでした。

    私も、商品管理部から首都圏営業部へ異動となりました。肩書きは副主任です。
    由里子が所属していた部署なので仕事が出来たの由里子と比べられるのが憂鬱でした。
    そして運命と言うべきか・・
    由里子のカラダを狙ったスケベ社長の会社が担当となりました。
    7月の初めにバカンスから帰ってきた社長に私と部長で挨拶に行きました。
    スケベ社長の会社の担当になった事は由里子に言いませんでした。
    あの日のことはもう口にしないと由里子と約束してからです。

    由里子は結婚後も仕事では旧姓で通していました。最近はそういう傾向があるみたいですが・・
    ですから、私が安藤修一です。と社長に挨拶しても由里子の夫だと気づいていませんでした。

    それから3日後に私は再び興奮の世界に突入しました・・
    私は、部長とスケベ社長へ挨拶に行く時、由里子の夫が私だと言わないように、
    念を押して頼んで置きました。
    仕事の出来る由里子と比較されるのがやはり男として嫌だったし、
    口説いた女の夫が担当者だとなるとお互いに気まずいと思ったからです。

    初めて社長と会った時、由里子の唇を奪い、
    パンスト越しのパンティをさわった男だと思うと悔しさと興奮が甦ってきました。
    その3日後、スケベ社長の所へ取引報告書を持って行くように指示を受けました。
    夕方なので直帰OKでした。

    「ご苦労さん!!俺も仕事が終わったから飲んでいけよ!!」
    缶ビールを用意され社長室のソファーに座り、社長の話に付き合うハメになりました。
    中学を卒業して、社会に出て働きつめて30歳で会社を興し現在に至る武勇伝をクドクドと聞かされました。

    「社員20人の小さい会社だけど・・55歳の今、やっと世間から評価されて来たよ!!
    若い頃は、田舎者で、学歴もない、金もない、で女に相手にされなかったよ・・でもな・・
    会社が業績を伸ばして俺に金が入るようになってからは・・女に不自由しなくなったよ・・」
    「そうなんですか・・」
    「そうだよ!!スナックのホステスなんか指名してやって高い酒頼んでブランド物をプレゼントしたら、
    簡単にハダカになったよ・・ホステスは15人位と寝たかな?それから法人開拓している生保レディ・・
    高額の保険料の代わりにカラダを要求したらこれまた簡単にヤレたな?
    若い営業レディから人の営業レディまで・・
    俺の会社にパートで働きに来た人社員も特別ボーナスとブランド物でヤレたよ・・
    俺の生きがいだよ・・女は・」

    1時間位してカンビールから日本酒になっていました。
    社長もほろ酔い加減で口も滑らかになっていました。
    「それでも・・ハダカにするまで苦戦したこともあったよ・・銀座のクラブのママ・・
    なかなか落ちなくてね・・通いつめて3年でやっと落としたよ・・俺の女房だけど・・アハハハ・・」
    何故か変に感動してしまいました。

    「最近も・・やっと落とした女がいてね・・おっと!君に言うのはまずいな・・」
    最近??由里子の事か!!??
    私は胸騒ぎを覚えました。
    「ひょっとして・・私の会社の女性ですか?」
    「どうだろうね?」
    「もしかしたら山岸(由里子の旧姓)課長のことですか?」
    私はカマをかけてみました。

    社長の表情が一瞬変わりました。
    「由里子さんね・・あれはいい女だね・・会社でもモテるだろう?君は親しいの?」
    親しいも何も俺のだよ!!バカ野郎!!と心の中で叫びました。
    「山岸課長と何かあったんですか??」
    「同じ会社の君には言えないな?」
    未遂で終わったくせに偉そうに?と思いながらも
    「でも、山岸課長は結婚もしているし、身持ちも固いですから・・
    いくら百戦錬磨の社長でも無理だと思いますよ・・」
    社長のプライドを傷つけるような感じで言い返してやりました。

    ムッとした社長は
    「落とすのが難しい女をモノにするのが楽しいんだよ!!
    ・・安藤君・・これから言うことは絶対内緒だと約束出来るか??」
    私はうなずきました。

    「由里子さんが27歳位の時、仕事の取引で初めて会ったんだけど・・
    色っぽい感じの女でヤリたいと思ったよ・・それから仕事を通じて何度かモーションを掛けたんだけど・・
    なかなか落ちなくてね・・いつかスーツを脱がしてハダカを拝んでモノにしてやる!!
    と思いながら・・7年経ったんだけど・・遂に念願が叶ったんだよ!!」

    ウソだ!!キスと下着へのタッチだけだろ!!
    武勇伝を語る男に在りがちな10の出来事を100に膨らます感じだろ!!
    と思いながらも、私の股間は期待??に対してなのか膨らんでいました・・・
    由里子を抱いたと主張する社長の話の聞き始めの時は、私も心に余裕がありました。
    自分をデカく見せようとしてホラ吹いてるよ?と、思っていました。

    「彼女は、出会った頃から色っぽかったけれど・・30歳を過ぎて結婚をして益々色気が増してきた感じで・・
    銀座のクラブで勤めても客が取れるぞ。俺も久しぶりに興奮したよ!」
    自分のを褒められ、不覚にも嬉しく思ってしまいました。

    「しかし・・社長・・やっぱり山岸課長はそんな事するなんて・・信じられませんよ!!
    課長は我が社の営業部門のエース格の人間です。色恋より仕事!という女性ですよ!」
    「そりゃそーだ!!確かに俺は小さい会社の社長で、金もソコソコあるよ・・
    でも、お世辞にも見た目イイ男ではない!55歳だしオッサンだよ!
    だから・・俺に惚れて女は抱かれてるとは全く思ってないよ!だから・・ビジネスだよ・・」
    「ビジネス・・ですか??」
    「そう!ビジネス!ホステスは指名されて高い酒を頼むと売り上げが増えて自分の稼ぎも増える。
    だから多くの金を落としてくれる客を繋ぎ止める為、俺みたいなオッサンとも寝るんだよ!
    生保レディも会社から課せられたノルマ達成の為、高額の契約をしてくれる客にカラダを許す事もあるし、
    パートの人が一番望んでいるモノは現金だから・・現金と引き換えにカラダを提供する・・
    俺にカラダを許しても俺にホレた女はいないよ・・」

    「でも・・課長は売り上げやお金の為にカラダを許すとは思えません!!」
    「そうなんだよ・・だから落とすのに苦戦したんだよ!!他の取引先で十分、売り上げを上げてるし、
    特にお金にも困ってないし・・でも・・カラダを許しても手に入れたいものは無くても・・
    逆にカラダを許しても・・守りたいものがある!彼女の場合は・・」


    私は胸騒ぎがしてきました。
    「彼女が守りたい物は・・今まで頑張って築き上げて来た会社でのキャリアだよ・・
    彼女の部下が俺との取引でミスをしてね・・当然、上司の彼女も責任が及ぶよな・・
    降格の可能性もあっただろうし・・ライバルとの出世争いも一歩後退・・となるしね・・
    仕事が好きでキャリア志向の強い彼女には・・辛いことなんじゃない・・!?」

    社長の口説き論にすっかり飲み込まれた私は、ひょっとして・・由里子はこの男に・・と思い始めて来ました・・
    「社長と由里子・・いや・・山岸課長の話が本当だとしたら・・課長はどんな感じだったのですか?」
    「アハハハ!!君もスケベだね?同じ会社の美人課長の寝物語に興味深々だね?」
    「どんな・・おっぱいでした??」
    「アハハハ?美人課長のおっぱいが見たかったら自分で何とかしなさい!アハハハ?」
    本当は見てないから言えないんだろう!!俺は何度も見てるんだよ!!と心の中で叫びました。

    「男同士!特別に教えてやるよ!!・・サイズは83?84位かな?乳首は可憐なピンクだよ!」
    サイズも乳首の色も当たってる・・しかし・・
    「社長・・申し訳ありませんが・・やっぱり・・課長の事は信じられません!
    今日の話は聞かなかった事にしておきます!」
    社長の話を信じてしまいそうで怖くなり席を立とうとしました。

    「おい!!ここまで話をさせておいて信じないのかよ!!失礼だな!!」
    「しかし、社長・・」
    「証拠もあるんだよ・・・!!」
    証拠!!??
    私は立ち上がりかけましたが再びソファーに腰を下ろしました。
    再びソファーに腰を下ろした私を、社長はニヤニヤしながら眺めていました。

    「君は、大人しそうなタイプなのに・・美人課長の事になると熱くなるね?ひょっとしてホレているのかな?」
    「イ・・イヤ・・とても仕事が出来る課長なので・・尊敬はしていますけど・・」
    「女としてどうなのか聞いてるんだよ!」
    「そ・・それは・・確かに・・綺麗だと・・」
    「アハハハ!やっぱりな!」
    「そんなことより証拠って・・」

    社長はゆっくりと立ち上がり、小型の室内金庫の前に行きダイヤルを回し始めました。
    その中から、DVDボックスを取り出してきました。
    「このDVDは俺が特に気に入った女を抱く時、撮影したモノだよ・・」
    DVDは7・8枚ありました。

    「撮影ですか・・・??」
    「撮影というより・・盗撮だな!!・・特に気に入った女を抱く時に使うホテルがあってさ・・
    そういう日は、早めにチェックインして、部屋に最新型の小型撮影カメラを仕込んでおくんだよ・・
    そして後から女を連れてきて・・という訳だよ・・
    銀座の美人ホステス、生保の美人営業レディ、仕事で知り合った美人OL・・俺のベストコレクションだよ・・」

    その中から、社長が1枚手に取り
    「このDVDの中に・・君が憧れている美人課長のスーツの中が映っているんだよ・・」
    と、勝ち誇った顔で言って来ました。
    私は、膝がガクガクと震えてるのがわかりました。
    「でも・・映像を確認しないと・・証拠とは・・」
    「アハハハ!、それは君!ムシが良すぎるよ!!
    努力なしに美人課長のハダカを拝もうなんて・・・このDVDは誰にも見せられないよ・・
    俺にハダカを晒した女たちへの最低限の礼儀だよ・・」
    その発言で、私は再び疑いを持ちました。
    ウソだから見せられないんだろ?どうせ、くだらない洋物のウラDVDだろ?
    と精神的に優位に立ちほくそ笑んでいました。

    「分かりました・・(笑)・・そのDVDの中に課長が映っている事にしましょう(笑)それではこの辺で失礼します。」
    私のナメきった態度に、社長はカチンときたらしく
    「君!信じてないな!!失礼にも程がある!!」
    と、怒鳴ってきました。

    「社長!!お取引の大事なお客様ですけど・・これ以上、
    うちの会社の課長を侮辱する発言をしたら・・私も・・許せません!!」
    この社長に、由里子がキスと下着へのタッチをされている事を思い出し、大声を上げてしまいました。
    「このまま君を帰したら・・俺は君にとって・・ただのホラ吹き者になってしまうよ!!
    君のような若造にナメられてたまるか!!」
    社長は怒り顔で立ち上がりDVDをデッキに入れました。

    ええ!?見せるの!?
    私は急にドキドキしてきました。
    「君の会社のエースである美人課長のあられもない姿が映ってるよ!!」
    しばらくして、テレビ画面に男と女の姿が確認出来ました。
    スタジオでしっかりと撮影した映像ではないので鮮明に映ってはいませんが、
    その男と女がスケベ社長と由里子であることははっきりと分かりました・・
    映像の中の2人の姿に、私は心臓が爆発しそうでした。
    深夜の時間にホテルの部屋に由里子が他の男と空間を共にしている現実を目の当たりにして、
    股間が充満してきました。

    映像はルームサービスで頼んだワインを飲んでいるシーンから始まっていました。
    「社長・・早く契約書にサインをしてくれませんか?」
    「取り合えず、ワインを飲んでよ・・高いワインなんだよ、これは!」
    図々しく、社長は由里子の隣に腰を下ろして来ました。ソファーに座った2人の距離は10センチ程度でした。
    そのうちに社長は由里子の肩に手を回しました。

    「あ・・社長・・」
    「いいじゃないか!これ位!今日はデートのはずだろう!」
    社長の手回し攻撃は由里子から報告済みなので、焦りはなかったのですが、
    やはり他の男にさわられる由里子の姿にジェラシーを感じてしまいました。

    「君は綺麗な髪をしてるね?」
    由里子のブラウンに染めたセミロングの髪の毛をタッチしている社長の顔は満面の笑みを浮かべていました。
    「社長・・変な事はしないと・・約束したじゃないですか・・」
    社長は由里子の発言を無視してタイトミニから伸びている
    ベージュのストッキングに包まれた脚をさわり始めました。

    「由里子さんの綺麗な脚をこうして・・触りたかったんだよ・・」
    「社長・・困ります・・」
    由里子の躊躇う表情が色っぽくて私は完全に勃起をしてしまいました。
    「安藤君!美人課長の脚の触り心地!最高に良かったよ!細くもなく、太くもなく、
    調度良い肉付きの脚にストッキングのナイロンの感触が重なって最高の手ざわりだったよ!
    この時点で、俺は勃起してたんだよ・・!」

    実際に由里子の脚をさわった男の解説に更に興奮が増してしまいました。
    「社長・・もう十分さわったので・・契約書・・」
    その瞬間!社長はキスをしました!!
    ほんの一瞬のキスでしたけど・・由里子から報告済みのキスでしたけど・・
    実際に映像で見る由里子のキスシーンは艶かしくトランクスはグジョグジョでした。

    「社長!やめてください!!」
    キツイ眼差しで由里子は社長を睨んでいました。それを空かすように社長は
    「契約書、出しなよ・・サインするから・・」
    その言葉で、由里子は怒った表情を修正して、バッグから契約書を取り出していました。

    社長は契約書を手に取り
    「もう少し楽しませてくれよ・・サインは絶対するから・・」
    「もう少しってなんですか?」
    不安がる由里子の脚を再びさわり始めました。
    今度は手が少しずつタイトミニの中に侵入していきました。
    「契約のトラブル回避で、君はまた会社で評価を上げるな・・」
    由里子の弱点を突く言葉で、由里子は身動きが取れない状態でした。
    スカートがめくられるのを必死でふさいでいる由里子の両手の隙間から社長の手が更に侵入していきました。

    「あっ!」
    由里子が一瞬声を出しました。多分社長の手がストッキング越しのパンティに到達したのでしょう。
    「社長・・これ以上は・・ダメ・・です。私・・結婚してるんです・・」

    由里子は立ち上がりました。
    「サインして頂かなくても結構です!これ以上は出来ません!」
    由里子はドアに向かって歩き始めようとしました。
    由里子から聞いた報告通りだ・・これで由里子は部屋を出たんだ!!
    私は心の中でガッツポーズでした。

    「待てよ!課長!君の会社の組織改革を知ってるかい!?」
    「えっ!?」
    帰り掛けた由里子が立ち止まりました。
    「3週間位前に、君の上司の部長と打ち合わせを兼ねて昼飯を食ったんだよ・・
    東日本・・なんとか・・営業本部だったかな・・?新設される営業統括の部署に君を推薦すると言ってたぞ・・!
    栄転だろ・・?ここで契約ミスが明るみになると・・栄転の話はどうなるのかな・・」

    由里子は振り返り
    「その話は本当ですか?」
    と、聞き返しました。

    「本当さ・・ポストには限りがあるんだから・・昇進のチャンスの時は確実にモノにしないと・・」
    「契約書にサインするから・・こっちへおいでよ・・」
    由里子は迷った表情でしかし少しずつ社長のほうへ歩いていきました・・
    私が由里子から聞いてない状況になってきました・・東日本営業本部に栄転の可能性がある・・
    由里子は少しずつ社長の座っているソファーに近ずきました。

    東日本営業本部の発足は社内でも噂になっていましたし、由里子と私の会話にも時々出てきました。
    「社長・・私が営業本部に推薦されるという話は本当なんですか?」
    「部長が言ってたよ・・とにかく座ってよ・・」
    由里子は距離を置いてソファーに座りました。
    「その若さで凄いな・・将来、君の会社で初の女性取締役になれるかもよ・・」
    社長は少しずつ由里子の距離を縮めながら由里子にとって一番効果のある言葉でジワジワと追い込んで行きました。

    やがて、社長の手は再び由里子の肩に回っていました。
    「俺は君を抱きたい・・君は将来の出世コースに乗る・・これはビジネスだよ・・」
    「社長・・でも私には・・夫が・・」
    「君が出世したら、ダンナも喜ぶはずさ・・」
    「でも・・」
    「契約ミスでチャンスを棒に振ることはないさ・・」
    由里子は出世欲の塊という女性ではありません。
    平成不況による超就職氷河期時代の世代ですから大学時代、就職活動に大苦戦したそうです。

    ですからやっと採用が決まった今の会社にとても愛着を感じており、
    仕事をがんばった結果、今のポジションを確立しました。
    当然、、人間ですからキャリアに対して欲が出てくると思うし、同じ企業人として理解は出来るのですが・・
    俺を裏切ってまで、キャリアを守りたいのか・・!?という思いが頭を駆け巡りました。

    社長は再び由里子の脚をまさぐり始めました。
    そのうちに、タイとミニのすそを掴んで、少しずつめくり始めました。
    ストッキング越しの太ももがあらわになってきました。
    「社長・・私・・どうしていいか・・」由里子は震えている様子でした。
    そして・・・由里子のストッキング越しに純白のパンティが現れました・・
    パンティの中央部に見えるストッキングのセンターシームがより一層色っぽく見えました。

    「可愛いパンティだ・・いつもこんなのを穿いていたのか・・やっと見れたよ・・」
    「ああ・・恥ずかしい・・」
    由里子は固く目を閉じていました。
    「どうだ?安藤君!憧れの美人課長のパンティは・・??」
    由里子のパンティを見られていたショックで言葉がありませんでした・・・
    「安藤君!股間が膨らんでいるぞ!!」
    「え!」
    私は、思わず両手で股間を隠しました。

    完全にヤラれた・・!!という失望感と由里子は最後の一線は許してない!!
    という微かな希望で映像の中の由里子を見つめていました・・映像の中で社長は、
    由里子のあらわになったストッキング越しの純白のパンティをソフトタッチし始めました。

    「ああ・・い・・いや・・」
    由里子の表情は恥じらいと葛藤で緊張状態でした。
    「早く、このパンティの中を見たいけど・・後のお楽しみにしておくか・・」
    社長の手は由里子の白いブラウスのボタンに手が掛かりました。
    3つ目のボタンを外されると純白のブラジャーが顔を覗かせました。
    そして、社長は由里子の首筋と胸元にキスをしました。

    「ああ・・う・・ダメ・・」
    社長の愛撫に由里子のカラダは敏感に反応していました。
    「いい匂いだ・・香水のセンスがいいね・・さすが美人のエース課長だ・・」
    由里子の肌に舌を這わされたショックで股間は我慢の限界でした。
    やがて、ブラジャーの肩紐が外されました。
    由里子は両手をクロスさせて胸をブロックしました。

    「まだ抵抗するのか・・(笑)・・」
    社長は由里子の儚い抵抗を楽しんでいるようでした。
    「そっちがその気なら・・」
    社長は由里子のパンストの中に手を入れました。
    パンティを直にタッチして・・その手がパンティに入り始めました。
    「社長・・もう・・許して・・」
    由里子は胸をクロスした手を解いて社長の右手のパンティの侵入を防ごうとしましたが
    社長の右手は少しずつ確実にパンティの中にもぐって行きました。

    「おお・・由里子さんのヘアーだ・・」
    「社長!お願い!やっぱりダメです!」
    「もう遅いよ・・」
    「ああ・・・!!」
    社長の右手が由里子のアソコに到達したのでしょう・・

    「社長!やっぱり・・私、帰ります!手を離して・・」
    社長の右手は由里子のパンティの中で、モゾモゾと動いて見えました。
    「アウ・・アア・・ダ・・ダメ・・」
    「由里子さん・・そんな事言ったって・・既に・・濡れているよ・・」
    「ウソよ・・そんな事ありません!」
    「自分のアソコがどうなってるか分かってるくせに・・」
    濡れてるかどうか分かりませんが、由里子のアソコを触られて手マンをされた事実に私は放心状態でした・・
    パンティの中に社長の右手の侵入を許した由里子は手マン攻撃に全身に電流が流れたような状態でした。

    「あああ・・い・・いや・・あん・・」
    イカされまいと必死に理性と戦う由里子がとてもいじらしく見えました。
    「トップセールスの美人課長もアソコは普通の女と一緒だな・・蜜が沸いて来てるぞ・・
    Xホテルのジュニアスイートを取った、甲斐があったよ・・」

    90秒位の手マン攻撃を終えると社長はゆっくりと由里子のパンティとパンストから手を戻しました。
    我に返った由里子は慌ててめくれたタイトミニを元に戻し、パンティを隠しました。
    「もうこれで・・許してください・・・」
    「取り合えず・・念願の君のマンコをイジれたから・・サインしてやるよ・・」
    社長は、由里子が出した契約書にサインしました。
    「印鑑を押すのは・・後ほど・・」
    すると、社長は突然DVDの再生をストップしました。

    「これで十分だろ?俺が美人課長を落としたと認めるだろ!?」
    勝ち誇った社長に私は敗北感で言葉が出てきませんでした。
    「この人差し指と、中指に美人課長のアソコの感触がまだ残っているよ・・彼女は濡れ易いタイプだな・・」
    自慢げに差し出した由里子のアソコの中に入った2本の指をへし折ってやりたい気持ちでした。
    由里子がハダカにされてセックスをするシーンを見る気力が無くなっていたので
    社長のストップは調度良いタイミングでした。
    社長がDVDを仕舞い始めたとき、部屋をノックする音が聞こえました。

    「お父さんいるの?」
    「ヤバイ!娘だ!」
    部屋のドアが開き社長の娘が入ってきました。
    社長は慌ててDVDボックスを私に渡し、金庫に仕舞えと目で合図をしました。
    社長に背を向けて金庫に向かう時、私は由里子のDVDを抜き取りスーツにしまい、
    DVDボックスを金庫入れてダイヤルを回しました。

    「お父さん・・今日、食事の約束覚えてる?」
    「あ!そうだった・・覚えてるよ・・仕事が長引いてね・・」
    「それじゃ・・社長、失礼します・・」
    私はKO負けしたボクサーのようにトボトボと歩いていきました。
    DVDを盗んだ事がバレるのは、時間の問題だ・・窃盗罪になるのかな・・?
    でも中身的に警察沙汰にはしないだろう・・などと考えました。
    しかし、由里子のあられもない姿が映っているDVDを残しておく事は出来ませんでした。
    その時、携帯が鳴りました。由里子からでした。

    「修ちゃん、仕事終わった?」
    「う・・うん・・取引先から出たところ・・」
    「直帰でしょう?ご飯食べて帰らない?」
    「う・・うん・・そうだね・・そしたら・・Xホテルに来てよ・・」
    社長と由里子が使ったホテルの指名に由里子は戸惑っていました。
    「ど・・どうして?どうしてXホテルなの・・?」
    「中華フェアーをやってるって聞いたから・・」
    「そうなんだ・・」
    「先に行って待ってるよ・・」

    私は、Xホテルに行きジュニアスイートを頼みました。
    予約をしてないので断られる寸前でしたが前金でOKとなりました。
    しばらくして、由里子から携帯にTELがありました。
    「修ちゃん、どこにいるの?」
    「あっ1515室に来てくれよ」
    「部屋も取ったの?どういう事?」
    「いいからおいでよ!待ってるから!!」
    3分後、由里子を部屋に入れて、ソファーに座らせました。

    「覚えのある部屋だろ・・??」
    その言葉に由里子の表情は引きつっていました。
    「どうして・・修ちゃんが知ってるの・・??」
    「由里子さん・・もう一度聞くよ・・この部屋で・・何があったんだ・・??」
    「どうして・・・」
    「あの、スケベ社長が僕の担当になったんだよ・・由里子さんとの事を自慢げに教えてくれたんだよ・・」
    「修ちゃん・・」
    由里子の目には涙が浮かんでいました・・由里子と私の間に緊張した空気が流れていました。

    「社長が・・何を言ったか知らないけど・・私が修ちゃんに報告した以上のことは・・」
    「キスと下着へのタッチ?」
    「う・・うん・・」
    「私の事・・嫌いにならないと約束してくれると言うから・・ちゃんとあった事を言ったわ・・」
    「でも社長が、由里子さんと最後までと・・」
    「ウソよ!そんなのウソ!」
    由里子が必死に真実を隠しています。私も同じ立場だったら隠し通すと思うので、
    ウソをついてる事に腹は立ちませんでしたが、このホテルで社長と・・と思うと悔しさが沸いてきました。

    私は無言で立ち上がり、スーツのポケットからDVDを取り出しハードディスクにセットしました。
    盗撮されてた事が分かると精神的に由里子は大きなショックを受けると思い、
    DVDの存在を出すのを止めようと思っていましたが、やはり悔しかったのでしょう・・見せてしまいました・・・

    由里子は映像の中が、あの日のことだと分かり顔面蒼白でした。
    キスをされ・・パンストとパンティの中に手を入れられ手マン攻撃を受ける由里子・・
    3倍速で映像を流し、社長の会社で見たところでストップしました。
    「この部分まで・・見せられたんだよ・・」
    「お願い・・もう見ないで・・」
    「この先はどんなシーンが待っているんだ?」
    「何にもないわ・・だからお願い・・もう見ないで・・」
    「でも・・由里子さん・・うそを言ってたから・・下着のタッチまでだって・・」
    「だって・・そうでも言わないと・・修ちゃん・・私を嫌いになるし・・言えないわ!!」
    5歳年上の姉さん女房の悲しみに暮れる涙を初めて見ました。

    「由里子さんのアソコがさわられるなんて・・俺は死ぬほどショックを受けたよ・・」
    「ごめんなさい・・他の人に許すなんて・・妻失格ね・・」
    「DVDの続きを見ていいかい?」
    「イヤ!絶対にイヤ!・・お願い・・みないで・・」
    「でも・・この先・・何もなかったんならいいでしょ?」
    「絶対にイヤ・・お願い・・見てはイヤ・・」
    由里子の必死な哀願にどんなシーンが映っているか想像できました・・
    それでも由里子を愛しいと思う自分がいました。

    社長のチンポが由里子のアソコの中に入り激しく腰を振るシーンを見たら・・
    多分・・由里子を許せないし・・愛せなくなるでしょう・・
    結婚前に大学時代の友人に結婚の報告をした時、みんな最初は、
    「なんで、5歳も年上の30過ぎた女性と結婚するんだ!?
    若くてピチピチした女は社内にも沢山いるだろ?」とダメ出しされましたが、
    由里子のスナップ写真を見せた瞬間、みんな無口になり
    「いい女だなぁ・・うらやましい・・」とコロッと変わりました。
    周りから美人といわれる自慢の妻ですから・・こんな状態になっても手放したくないと思っていました。

    私は由里子のウソに乗っかる事にしました。
    「由里子さん・・この先は何もなかったんだね??それなら・・見る必要はないから・・」
    私は、DVDを取り出し真っ二つに割って壊しました。
    「あははは・・・これでもう見れないや・・」
    「ああ・・修ちゃん・・ありがとう!」
    由里子は泣きながら抱きついて来ました。
    「本当に・・あれ以上・・何もないからね・・」
    私と別れたくない為のウソだと前向きに捕らえました・・悔しいですけど・・
    そのまま激しく由里子のカラダを求めました。
    あんなDVDを見た後ですから・・ギンギンに溜まっていました。
    この部屋で由里子が社長と・・と思うと異常に燃えてしまいました。

    由里子のマンコに指を入れ、
    「社長も、こうしてさわったのか!」と言うと
    「ほんの少し・・さわられただけ・・指は入ってない・・イジワル・・」
    とウソと可愛さの混じった答えが返ってきました。
    私がフィニッシュに近ずくと
    「修ちゃん・・中に出して・・」
    「え!?大丈夫なの??」
    「いいから・・ああ・・」
    私は由里子の中で果てました。

    「由里子さん・・今日安全日なの?」
    「ううん・・」
    「妊娠しちゃうかもよ・・」
    由里子は仕事の鬼なので子作りの予定は全くありませんでした。
    「いいの・・修ちゃんとの子供がほしい・・」
    「そしたら・・仕事が・・」
    「その仕事のせいで・・あんな事をしてしまったから・・もう仕事はいいかな?と・・」
    「その判断は由里子さんに任せるよ・・」
    由里子は妊娠したら退職すると決めました。しかし子供が成長したら仕事に復帰してほしいと思っています。
    由里子のタイトミニのスーツ姿は大好きですから・・・

    休み明け、早速社長から連絡がありました。
    「あのDVD盗んだだろ!返せこの野郎!」
    「課長は俺の妻なんだ!あんな事しやがって!俺の友人を使ってあんたの娘も同じように撮影してやるぞ!!」
    と脅してやりました。

    社長は由里子の夫が私と分かってびっくりしていました。DVDを返せと言う言葉は消えていました。
    多分、DVDの続きは99パーセント由里子のエッチなシーンが映っていると思いますが、
    私は1パーセントの何もなかったという可能性を信じて今も暮らしています。
    情けない男だ!妻に制裁を!という声もあると思いますがなにせスケールの小さい男ですので・・
    関連記事

    テーマ : NTR体験談
    ジャンル : アダルト

    tag : NTR 体験談 寝取らせ DVD 過去

    コメント

    非公開コメント
    素人さんエログの最新記事【83エログ登録中】
    TokyoPornTube動画共有サイト
    SEXレス解消にNTRなHな体験談を
    無料視聴可能!個人撮影動画
    FC2有料おススメNTR動画
    普通のAVに飽きたら
    SEXレス・マンネリ解消に!
    人気記事
    女性・カップルで楽しめるデリヘル情報
    風俗情報サイト

    @小悪魔
    女性のための風俗情報サイトですが、
    カップル向けに女男女の3Pも可能な女性のお店もあります。
    また夫婦カップル可の女性向け性感マッサージでは男性を探すことができます。


    3Pできるデリヘル.com
    3Pの出来るデリヘルを全国リンクしてます。
    3Pのプレイスタイルに合わせて検索できるので非常に便利です。


    出張ホスト セレナーデ
    基本女性用みたいですがカップルでも利用できるそうです。
    グループみたいなので全国的に出張可能みたいです。

    基本男性向けデリヘルサイト
    東京

    新宿ナイトヴィーナス
    基本男性用ですが、レズビアンの女性やカップルさんもご利用出来るとの事。
    アクセスランキング
    妻・彼女系ブログ *相互大歓迎!
    カテゴリ別サイト
    ★★NTR系(総合画像・募集・体験談など)★★
    妻と勃起した男達
    淫らな楽園
    妻の痴態
    紳士淑女の夜の社交場
    アダルト掲示板(ナンネット)
    グループセックス情報
    スワップジャパン
    寝取られの館
    妻のセックス

    ★★NTR系個人★★
    寝取られ体験記

    ★★野外露出・混浴温泉系★★
    混浴みう散歩
    カップル旅行記
    混浴大全集
    RANDY TRAP
    ~公衆便所女~美優のお部屋

    ★★エッチな体験談★★
    寝取られ話ファイル
    NTRスキー
    寝取られマゾ情報保管庫
    みんなのエッチな体験談
    みんな大好きえっちな体験談
    エロい体験談告白ブログ
    携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max
    イースターエッグ

    ★★募集掲示板★★
    乱交サークル ウサギと亀
    スワッピング掲示板

    ★★画像掲示板★★
    モザイク禁止掲示板
    闇窯!
    Yamidas
    YM企画
    女神ちゃんねる
    カウントダウンBBS
    人妻画像掲示板

    ★★画像チャット系★★
    画像チャット♪
    2ショットチャット♪ラブルーム
    2ショットチャット+♪シルキーラブ
    妻と勃起した男達
    仮面のワルツ
    Cool Boys

    ★★画像倉庫系★★
    ピンクの像ch
    画像アゲサゲ
    パンピログ

    ★★エロ動画系サイト★★
    XVIDEOS
    無料アダルト無修正動画 TokyoPornTube
    MOZAKIN-DOUGA

    ★★アンテナサイト★★
    にゅーえろ
    にゅーぷる
    にゅーもふ
    あぁーんてな
    ワロタあんてな
    エロブログにゅーす
    ぶろにゅー
    にゃんにゃん動画速報
    Hな体験談まとめアンテナ
    Hな体験談
    エロい体験談アンテナ
    妻・彼女アンテナ
    エロ動画アンテナ
    無料エロ動画まとめサイト えろかわちゃん!
    likevideo.jp
    アンテナ55号
    動画エロタレスト

    ★★ブログランキングサイト★★
    エログちゃんねる
    アダルトブログランキング
    FC2ブログランキング
    エログ-(エログランキング)
    妻・彼女系ブログ様 SEXレス解消の参考に
    ロゴ
    素人エログ様の更新情報はこちらで!

    妻と妄想性活/妄想を現実に

    あみの露出日記

    緊縛放置 叶屋

    勃起下着

    恥写真綴り。

    Day Dream

    愛奴への道 Ⅱ

    ハルカの自撮りDougaでDoda | 素人オナニー動画でゴメンナサイ

    Erotic diary of Sakura

    メンズアンダーウェアご紹介

    ちょっとHなウチの妻

    愛妻覚え書き

    熟妻Yoshikoの野外ヌード

    おHINA様と 危険なGeorge ~Comeback HINA~

    インランパーク _INRAN PARK_

    実話!男友達の多い彼女を持つ遠距離恋愛W不倫中男の備忘録

    ~変態奴隷への調教課題~

    浣の肛の道

    繭華の逝き様

    kenkenの観られたい 観察されたい 晒されたい

    「縛り屋、芦屋。」

    ひとみの誘惑

    僕と妻と他人達

    野外で調教しよう!

    視姦の悦び 〜恥ずかしい姿を見られて感じる女性達の調教日記〜

    人妻サーファー

    mioのパンスト脚・足

    ☆妻Misakiの晒し場☆

    みづきを寝取る男たち

    妻を他人の男根に寝取られて【他人棒が好き】

    やっぱり妻が好き

    OLのスカートの中

    おなめこ倶楽部~小悪魔熟女の淫乱な日々~

    おしりちゃんの部屋

    PHOTOMENTARY

    ピエのフォトエッチ

    はなのひとり言

    愛のSMごっこ

    らんとゆうのカフェテラス

    SAKIの露出日記

    うちの奥さん観察日記

    SとKの交換日記

    ドM彼女の変態晒し日記

    さやの部屋

    性処理玩具みきの記録

    ~ネトラレ~ 普通の素人カップル

    個人撮影動画倉庫

    SM事師たち-無料SM動画学入門-

    エスエム ジゴク

    緊★縛エロチカ★

    SM Sleeper

    嫁の体験リポート

    しゃちの気まぐれブログ

    嫁ちゃん日記

    生涯奴隷潤子の調教日記 

    夫婦の時間

    ちょっぴりHな夫婦の日々綴り

    うみのちょっとエッチなブログ

    amateur japanese wife sex

    寝取られ動画・画像がエロい【NTR】

    desire Gs  ~妻との性記録~

    彼女達との性ライフ
    ブロとも申請フォーム
    リンクフリーです。
    お気軽にお申し込み下さい。
    FC2以外の方はバナーもどうぞ。
    ロゴ

    この人とブロともになる

    おススメ
    素人娘やカップルの生放送
    エロ動画も鮮明で綺麗に見えるので今夜のオカズ探しに!

    話題の素人ライブ!
    FC2ライブ
    紆余カテゴリ

    openclose

    チャット・掲示板利用について
    チャット・掲示板での利用注意
    無修正・ロリータ画像・了解の無い画像の掲載は禁止です。また未成年や異性同士の出会い目的での利用・掲載は禁止です。主に見たり・見せたり・晒し・晒され・寝取り・寝取られなどの願望を持つ方やカップルさん同士の出会いや、カップルさんが単独さんを探したりカップルさんに協力出来る単独さんの為のチャットや掲示板です。 当サイト・チャット・掲示板での出来事において管理者は一切責任は負いません。自己責任でご利用ください。

    画像の保存は初心者や素人さんには難しくしてある程度ですのでご注意ください。あまり画像サイズが大きすぎると時間がかかったり重くなったりします。 最大300KBまではUP出来ますが、出来れば100KB以内にサイズ変更をお願いします。
    サイズ変更・モザイク処理など、画像の加工などは画像加工お奨めソフトを参照してください。

    ◇当画像チャットの特徴◇
    右クリックでの画像保存禁止対策・ドラッグ&ドロップ禁止。
    画像登録者によるサムネイル表示選択・拡大表示許可・転載禁止挿入など
    画像登録サイズは300KBまで。
    部屋閉鎖で画像は自動削除。
    お買い得アダルトグッズセット
    NLSのGODセット降臨!
    紆余画像チャット
    紆余各種掲示板
    NTR電子書籍
    おススメFC2サービス
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    RSSリンクの表示
    ブログランキング


    アダルトブログランキングへ
    FC2ランキング
    [ジャンルランキング]
    アダルト
    468位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    その他
    23位
    アクセスランキングを見る>>
    お問合せ
    当ブログはリンクフリーです。
    同じ趣向のサイト様大歓迎です^^
    下のバナーをどうぞご利用ください。
    ロゴ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    タグ
    ブログQRコード
    QR
    カウンター
    現在の閲覧者数:
    NewMark